欧州最大の銀行である英銀HSBCホールディングスは伝統的な融資以外の業務を拡充し、アジア中間層の資金拡大から利益を得ることを狙い、ウェルスマネジメント(富裕層向け資産運用)資産の取得につながる合併・買収(M&A)を推進する計画だ。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  戦略の非公開を理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、HSBCは中国を中心にグローバルで3件ないし4件のM&Aの年内実行を目指している。規模の大きな資産運用会社ではなく、HSBCが提供できる金融商品の幅を広げる資産ポートフォリオやプラットフォームが、M&Aの対象になるという。

  新たな資本規制に伴い証券トレーディングや融資業務の利益が圧迫される状況で、グローバルバンクは資産運用やウェルスマネジメント部門の拡充に動いている。HSBCの広報担当者は、同行の運用部門の戦略に関するコメントを控えている。

原題:HSBC Said to Seek Wealth Management Asset Acquisitions This Year(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE