今年の20カ国・地域(G20)議長国を務めるドイツは、G20として金融刺激を抑制する新たな取り組みを断念した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  ドイツの当局者は、世界金融の回復力促進のため、金融政策の引き締めを支持する文言をG20として後押しするよう他の国々や地域に働き掛けたものの、同意を得られなかった。協議が非公開であることを理由に関係者が匿名で語った。

  関係者の1人によれば、独当局者は、将来の危機の可能性に備えて中央銀行にバッファー強化を促すことを目的に、世界経済の回復力を高める必要性について、文書に署名することをG20の各国・地域が受け入れるよう望んでいた。

  ドイツ財務省の報道官は、G20協議に向けた声明などの草案策定プロセスに関するコメントを控えた。3月にバーデンバーデンで開かれるG20財務相・中央銀行総裁会議では、7月にハンブルクで開催されるG20首脳会議の準備が行われる。

  もう1人の関係者によると、各国・地域の首脳による最終的な共同声明の付属文書として、ドイツが現在提示している文書では、刺激策の解除への支持は盛り込まれていない。ただ、7月にオリジナルの文言を再び加える可能性を排除するものではないという。

原題:German Push for G-20 Monetary Restraint Said to Stumble (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE