米投資会社カーライル・グループの10-12月(第4四半期)決算は、利益がアナリスト予想を下回った。不振が続くヘッジファンド事業での損失に絡んで1億7500万ドル(約196億円)の費用を計上したことが響いた。8日の米株式市場でカーライル株は大きく下落している。

  8日の発表資料によると、ENI(実現および未実現の投資利益を含む経済的純利益)は640万ドル(1株当たり2セント)と、前年同期の7750万ドルから大きく減少。ブルームバーグがまとめたアナリスト12人の予想平均では1株当たり41セントだった。

  費用計上は、商品ヘッジファンドのバーミリオン・アセット・マネジメントでの損失および、別のヘッジファンド事業であるクラレン・ロード・アセット・マネジメントの持ち分売却の際に発生した費用2500万ドルが影響した。

  ニューヨーク時間午前9時40分時点で、カーライル株は前日比4.6%安の16.37ドル。下落率は昨年6月24日以来最大。  

原題:Carlyle Profit Falls on Hedge Funds as Conway Cites Stumbles (3)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE