米メディア大手タイム・ワーナーの10-12月(第4四半期)決算では、利益と売上高がアナリスト予想を上回った。コムキャストやAT&Tといった有料テレビ配信業者から受け取る手数料の引き上げが寄与した。AT&Tは854億ドル(約9兆5600億円)でのタイム・ワーナー買収で合意している。

  第4四半期の利益は1株当たり1.25ドル、市場予想は同1.19ドルだった。売上高は78億9000万ドル、市場予想は77億3000万ドル。

  CNNやTBS、TNTといったケーブルテレビ局を持つターナー部門の売上高は7%増の28億ドル。

  HBOの売上高は6%増の15億ドル。映画制作部門ワーナー・ブラザーズの売上高は17%増の39億ドルだった。

原題:Time Warner Tops Views as Pay-TV Deals Outpace Cord-Cutting (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE