アップルが初の時価総額1兆ドル企業になる道が険しくなっている。株価は過去最高に近いが、自社株買い戻しプログラムのために発行済み株数が減ったためだ。アップルの時価総額は8日時点で約6900億ドル(77兆3100億円)。ピークだった2015年2月には7750億ドル前後だった。前四半期には約120億ドル相当の自社株を買い戻したが、今後の自社株買い計画について春に投資家に説明すると1月に述べていた。

原題:Apple’s Big Buyback Program Puts Pressure on Market Cap: Chart(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE