英下院は7日、リスボン条約50条を発動し、欧州連合(EU)離脱手続き開始の通告を行う権限をメイ首相に与える法案について、離脱条件の最終合意の形成で議会の権限強化を求める修正を反対326 、賛成293で否決した。与党保守党から下院議員7人が造反した。

  閣僚経験者を含む保守党の造反組や反対派は、最終合意の変更ができなくなる前にEU離脱の条件に関する拘束力のある投票を実施し、EUとの合意案が満足いくものでないと判断される場合は、よりよい条件を確保するために首相に再交渉を求める選択肢を要求していた。

  この日の採決に先立ち、ジョーンズEU離脱担当相は議会で、EU離脱の条件とEUとの新たな通商関係の両方を対象とする「最終合意案」について、欧州議会に送る前に英議会の承認を求める採決を行うと約束。その一方で、英議会が最終合意を否決すれば、世界貿易機関(WTO)の条件に準拠するより高い関税が代わりの選択肢になると警告した。

  EU離脱手続き開始法案をめぐっては、最終的な下院採決を前に8日にさらに修正審議が行われる予定。7日の採決で造反した保守党の閣僚経験者にはクラーク元蔵相(財務相)らが含まれる。

原題:May’s Winning Offer to Brexit Rebels: A Vote on Final EU Deal(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE