トランプ米大統領はメディケア(高齢者向け医療保険制度)の薬価交渉を支持すると大統領報道官が7日明らかにした。投資家の間では製薬会社が政府向けビジネスで入札合戦を余儀なくさせられるのかどうか見極めようとする動きが広がり、薬品株は再び揺れた。

  スパイサー米大統領報道官はこの問題に関するトランプ大統領の立場を明確にするよう求める質問に対し、「大統領は賛成している」と答えた。

  トランプ大統領はここ数週間、医療費削減のため政府が薬価に直接介入するかどうかについて、矛盾するシグナルを出していた。メディケアは米国の医療サービスの買い手としては最大で、入札合戦となれば大手製薬会社の利益に重大な影響が及びかねない。米国は世界の大部分の国とは異なり薬価を直接規制してはいない。製薬会社はこうした規制に強く抵抗している。

  スパイサー報道官は記者会見で「この件を検討するためのより簡単な方法は、他国の行動を参考にすることだ。交渉でコストは低く抑制できる」と指摘。医療コストや処方薬の上昇は高齢者に「多大な負担」だと述べた。

  ナスダック・バイオテクノロジー株指数はスパイサー報道官の発言を受けて一時0.8%下落した。その後は下げ渋り、前日比0.4%安で終了。

原題:Trump Sinks Drug Stocks Again on Medicare Drug Price Negotiation(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE