モノやサービスを含む海外との総合的な取引を示す経常収支は、昨年12月速報で30カ月連続の黒字となった。市場予想は下回ったものの、輸出が16カ月ぶりに前年比で増加し、貿易収支が黒字に転じた。財務省が8日発表した

キーポイント

  • 経常収支は前年同月比18.3%増の1兆1122億円の黒字(ブルームバーグ調査の予想中央値は1兆1833億円)-前月は1兆4155億円
  • 輸出と輸入を差し引いた貿易収支は8068億円の黒字(前年同月は3134億円の黒字)-黒字は11カ月連続
  • 輸出は6.6%増の6兆6692億円、輸入は3.3%減の5兆8624億円
  • 海外配当金や債券利子などの第一次所得収支は33.3%減の6759億円
  • 2016年の経常収支は前年比25.8%増の20兆6496億円の黒字-1985年以降で07年(24兆9490億円)に次ぎ2番目の高水準

背景

  世界経済の持ち直しを背景に輸出が回復基調にあり、貿易収支が黒字を維持したのが経常黒字の主な要因の1つ。第一次所得収支は前年同月の配当金の大口受け取り分がはく落し、昨年6月(4202億円)以来の低い水準にとどまった。

  トランプ米大統領は日本の対米黒字をたびたび問題視している。今後も世界経済が堅調に推移するとの見通しのなか、輸出増が期待されているが、日米間の貿易摩擦に発展するかどうかが懸念される。10日に予定されている日米首脳会談では通商問題が取り上げられる見込み。米商務省によると、16年の米国の貿易赤字は12年以来最大となり、国別では日本が中国に次いで2番目の大きさとなった。

エコノミストの見方

  • みずほ総研の宮嶋貴之主任エコノミストは発表後の取材で、12月の経常収支は「コンセンサスに近い数字」と指摘した上で、今後について「アジアでのスマホ需要による輸出増という状況がある程度は続く」との見通しを示した。トランプ米政権が日本との貿易不均衡を問題視していることについては「それは政治的パフォーマンス。実際に貿易赤字を是正するかというと現実的に難しい」と語った。
  • 第一生命経済研究所の新家義貴主席エコノミストは7日の取材で、12月の経常収支は「高止まり」を予想。円安で円換算での第一次所得収支がかさ上げされると分析した。また、同時に発表される16年分の統計は20兆円を超える高水準となる可能性があり、トランプ米大統領が貿易赤字を問題視しているなか、「話題になる可能性がある」と述べた。
  • 野村証券の棚橋研悟エコノミストは同日の取材で、先行きについて輸出の改善や直接投資の積み上がりが「黒字幅の拡大につながる」との見通しを示した。11月末のOPECの減産合意の影響が本格的に反映されるのは次回統計以降になるとも述べた。

詳細

  • 財務省は昨年12月の経常収支について輸出数量の増加が輸出額の増加につながったと説明-昨年12月の貿易統計の輸出数量は前年同月比8.4%増
  • 輸入は24カ月連続で減少も減少幅は縮小-円高や原油安の要因薄れる
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE