ウォルト・ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者(CEO)は7日、2018年6月の任期終了後も同社にとどまることが会社にとって好都合なら留任する考えを示した。

  アイガー氏(65)はディズニーが昨年10ー12月(第1四半期)の減収減益決算を発表した後、投資家との電話会議で発言した。同氏が現在の任期切れ後も留任する可能性に言及したのはこれが初めて。

原題:Disney’s Iger Willing to Stay as CEO Beyond Contract(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE