7日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが上げを縮める展開。午前中は米国債利回りが上昇する中でドルは一時0.8%高を付けたが、その後は伸び悩んだ。

  ドルは一時1月末以来の高値を付けたが、その後ポンドが急伸する中で上げを縮小。ポンドは一時約1%下げる場面もあったが、ロンドン市場が引けた後に反転した。イングランド銀行金融政策委員会(MPC)のフォーブス委員が、近く利上げが必要になる可能性があるとの認識を示したことに反応した。ドルは対円では前日、昨年11月以来の安値を付けたが、この日は反発した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%上昇。ポンドは対ドルで0.3%高。

  ドルは対円で0.6%上げて1ドル=112円39銭。対ユーロでは0.6%上昇の1ユーロ=1.0683ドル。

  ドルはこの日、米10年債利回りに連動する形で推移。同利回りは午前中一時上げたが、その後低下し、2.37%を下回る場面もあった。

  フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は6日、3月の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げは選択肢となるとの見解を示した。サンフランシスコ連銀のウィリアムズ総裁も先週、3月の利上げは理にかなっている可能性があるとの認識を示していた。

  ハーカー総裁はサンディエゴでの講演後に記者団に対し、「3月に議題となる。どのFOMC会合でも排除しない。データ次第だ」と語った。来月利上げすべきだと確信するには何が必要かとの問いに対しては、「先週の雇用統計の数字は非常に良好だった。国内総生産(GDP)に関連して良いニュースが続き、労働市場が力強さを増しつつあることを示す兆候が継続して見られた」と語った。
  
原題:Dollar Gains Fade as Treasury Yields Reverse Early Rise(抜粋)
原題:Philadelphia Fed’s Harker Says March Is on the Table for a Hike(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE