7日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続落し、約2週間ぶりの安値。8日に米エネルギー情報局(EIA)週間統計の発表を控え、原油在庫の5週連続増加が予想されている。ガソリン在庫は過去最高に近づくと見込まれている。

  みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレクター、ボブ・ヨーガー氏は電話インタビューで、「きょうはまずガソリンが激しく売られ、それが原油に飛び火した」と指摘。「ガソリン在庫は200万バレル積み上がれば過去最高に達する。原油在庫も増加が続いている」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比84セント(1.58%)安い1バレル=52.17ドルで終了。終値ベースで1月19日以来の安値。ロンドンICEの北海ブレント4月限は67セント(1.2%)下げて55.05ドル。

原題:Oil Falls to Two-Week Low as U.S. Crude, Fuel Supply Seen Rising (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE