米ツイッターは中傷ツイートの減少につなげようと、新たな対策を講じたと発表した。該当ツイートを検索結果に出ないようにするほか、使用禁止となったユーザーが新たなアカウントを開設できないようにする。

  この方針はジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)が進めるツイッター悪用防止策の一環で、同社の公式ブログに掲載された。ツイッターは長年、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷や嫌がらせへの対策が不十分だとして批判されてきた。本名を使う必要のないツイッターでは開かれた議論の活発化を促す一方、悪意をまき散らすネット「荒らし」を助長させもした。

  今回の措置で「荒らし」の投稿は検索結果に表示されなくなるほか、返信できなくなるため、読み手の目に触れることが少なくなり、そういった書き込みをする動機の低下につながると考えられる。ただ、有害とされた書き込みはすぐには削除せず、読むためには数回クリックしなくてはならないようにするにとどめる。使用禁止となったユーザーが別の名前で投稿するのを防ぐことで、他者攻撃用に複数のアカウントを持つユーザーの数は減る可能性がある。

  ハラスメント対策の後れはユーザーが抱く大きな不満であり、同社が昨年身売り先を見つけられなかった理由の一つでもある。ドーシーCEOは2015年の就任時、最優先課題にユーザーの安全確保を挙げた。

原題:Twitter Plans to Hide Abusive Tweets, Block Repeat Offenders (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE