トランプ米大統領が労働長官に指名した、CKEレストランツのアンドルー・パズダー最高経営責任者(CEO)は、過去に不法移民を家事使用人として雇っていたと述べた。

  家事使用人をめぐる移民問題ではこれまで、複数の閣僚候補が辞退を余儀なくされている。トランプ政権ではこれで2人目だが、パズダー氏も、承認の是非を審議する上院厚生労働教育年金委員会の委員長も辞退の必要はないと考えている。

  パズダー氏は6日遅くに発表した声明で「妻と私は家事使用人を数年間雇っていたが、その期間、彼女が米国での就労が法的に認められていなかったことを知らなかった」と説明。その上で、「彼女の在留資格が分かった時点で直ちに雇用を停止し、彼女が合法的な在留資格を得るために支援した」と加えた。

  上院委員会でのパズダー氏の承認公聴会は当初1月初めに予定されていたが、数回にわたり先送りされている。政府倫理局(OGE)では、同氏の資産に対する調査が完了していない。
  
原題:Trump Labor Pick Puzder Says He Employed Undocumented Immigrant(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE