中国の外貨準備高が1月末時点で3兆ドル(約337兆円)を割り込んだ。人民元は昨年、年間ベースでここ20年余りで最大の下げとなっていた。3兆ドル割れは2011年2月以来。

  中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した外貨準備高は1月末現在で2兆9980億ドルと、前月末から123億ドル減った。ブルームバーグのエコノミスト調査では3兆40億ドルと見込まれていた。

  UBSグループの中国経済調査責任者、汪涛氏(香港在勤)は最近のリポートで、「資金流出圧力が16年後半から高まっており、17年も続く公算が大きい」と指摘。米国の利回り上昇やドル高進行が背景だと説明した。

原題:China Reserves Edge Below $3 Trillion as Yuan Pressure Increases(抜粋)China End-Jan. Forex Reserves at $2.9982t; Est. $3.00t (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE