欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は6日、ユーロは不可逆、つまり参加国が離脱することはできないとあらためて強調した。一方、フランス大統領選の候補ルペン国民戦線(FN)党首は、当選すれば通貨同盟を離脱する政策を明らかにしている。

  ドラギ総裁は欧州議会で証言し「ユーロは不可逆だ」と母国語のイタリア語と英語の両方で明言。「そういう条約だ」と付け加えた。

  2015年夏にギリシャの離脱が危ぶまれた時期にも総裁は「不可逆性」を繰り返し強調したが、離脱が可能かどうか、またその方法についての議論が再び表面化してきた。イタリアでも反体制派の「五つ星運動」が政権を取ればユーロ離脱の是非を問う国民投票を実施する考えを示している。

原題:Draghi Says Euro Is Irreversible as Le Pen Urges French Exit (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE