ドイツの2016年12月の鉱工業生産は予想に反して減少した。世界的な不透明の高まりと無縁ではいられないことが示された。

  独経済省が7日発表した12月の鉱工業生産指数(季節・インフレ調整済み)は前月比3%低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想は0.3%上昇だった。11月は0.5%上昇に改定された。12月は前年同月比では0.7%低下。

  1月の企業景況感指数は軟化したものの、現況指数は良好な水準を維持。製造業受注は増加し失業率も記録的な低水準にある。

  工業および建設セクターの受注増と同セクターのセンチメント指標の改善は「生産の伸びが今後数カ月に回復することを示唆している」と経済省は分析した。
 
  12月の生産は製造業が3.4%減と落ち込んだ。建設は1.7%減。エネルギーは0.9%減だった。

原題:German Industry Output Falls as Economic Strength Shows Cracks(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE