フランスの銀行BNPパリバは、アジア太平洋の投資銀行共同責任者にフィリップ・ドカラマン氏とティエリ・オリーブ氏を起用する。6月に退職するクリスティアン・ドシャルナス氏の後任となる。

  7日の発表資料によれば、ドカラマン氏とオリーブ氏は3月6日付で就任し、アジア太平洋部門のエリック・レイノー最高経営責任者(CEO)の直属の部下となる。2011年入行のドカラマン氏(香港在勤)は、14年からアジア太平洋の合併・買収(M&A)を統括。オリーブ氏は直近ではエクイティキャピタル・マーケッツのグローバル責任者を務めており、今回の人事に伴い欧州から異動となる。

原題:BNP Says de Caraman, Olive to Lead Asia-Pacific Investment Bank(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE