中国人民銀行(中央銀行)は7日、リバースレポの公開市場操作(オペ)を3営業日連続で見送った。差し引きでは市場からの資金引き揚げとなる。

  人民銀はウェブサイトに掲載した声明で、流動性の基本的安定を維持するためにリバースレポを実施しなかったと説明。現在の流動性水準は比較的高いとしている。

  第一創業証券債券部門の沈弼凡アナリスト(深圳在勤)はリバースレポ見送りをめぐる「大きな構図はレバレッジ(借り入れ)解消だ。人民銀は短期金利押し上げを図り続けるだろう。リバースレポ金利をさらに引き上げる可能性も排除できない」と述べた。

原題:PBOC Skips Use of Reverse Repos for a Third Day to Drain Funds(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE