7日のアジア株式相場は下落。政治的な不確実性が世界の市場に影響を及ぼしていることから、円などの比較的安全とされる資産が買われた。円高を嫌気し日本株が3営業日ぶりに反落している。

  MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前11時58分現在、前日比で下落。ただ下落率は0.1%未満。前日は2015年7月以来の高値で引けていた。TOPIXに加え、オーストラリアやニュージーランド(NZ)、韓国の主要株価指数が下げている。

原題:Asian Stocks Fall After Yen Climbs on Haven Demand: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE