6日のニューヨーク外国為替市場では、円が主要10通貨全てに対して上昇。ドルは対円で昨年11月29日以来の安値を付けた。カナダ・ドルやオーストラリア・ドルを中心に複数の通貨に対する円のショートポジション解消が進んだ。

  円は対ドルで上昇し、1ドル=112円の節目を突破した。ドルは主要10通貨の大半に対して値上がりした。年内2-3回の利上げが見込まれる状況と、ドルの強さに懸念を表明した新政権をてんびんにかけつつ、為替トレーダーらはポジションを調整しようとしている。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はこの日、一時の上げ幅を半分に縮めた。米10年債利回りがこの日の最低水準に再び下げたことが背景にある。トレーダーらが新たな手掛かりを探す中、この日のトレーディングの流れは不安定で、ドル・円相場は米国債利回りに連動した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは円に対し前週末比0.8%安の1ドル=111円74銭。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇。  

  ユーロは対ドルで0.3%下げて1ユーロ=1.0750ドル。

  この日はドルが他の主要通貨に対して上昇する中でも、円は対ドルで値上がりしていた。そうした中、1ドル=111円99銭を一瞬付けたが、112円割れの水準に設定されていたストップロスが発動されず、ドルは持ち直した。しかし、ドル買いは続かず、2度目の112円割れのあと、ストップロスが発動され、一気に111円63銭の安値を付けた。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は、大統領選でのトランプ氏勝利を受けて大きく上昇していたが、ここ6週間は週間ベースで続落している。一方、日本とユーロ圏では超金融緩和策に変化の兆しが見えず、政策面でのドルの優位性は変わっていない。  

原題:Dollar Pares Gain as Japanese Yen Surges to High Since November(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE