6日の欧州株式相場は下落。政治的なリスクへと市場の関心が移る中、国債やユーロなど域内の資産に対し警戒感が強まった。

  指標のストックス欧州600指数は前週末比0.7%安の361.60で終了。19業種のうち18業種が値下がり。年初来上昇率はわずか0.05%と、米S&P500種株価指数の2.4%を大きく下回っている。フランスの極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首は先週末、大統領選で当選すればユーロ圏を離脱すると公約した。

  ユーロ圏の優良銘柄で構成されるユーロ・ストックス50指数は1.1%安。昨年12月上旬以降で初めて50日平均移動線を割り込んだ。

  銀行業界の不安定性のため欧州で最もリスクが高い株式市場の1つとみなされているイタリアでは、指標のFTSE・MIB指数が2.2%下落。フランスのCAC40指数は1%安と、1週間ぶりの大きな下げとなった。

  ストックス600の業種別では自動車株が1.4%安と、下げが目立った。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチの株式ストラテジストらは欧州自動車業界の投資判断について、最近の株価上昇が行き過ぎで構造的な問題を抱えていることを理由に「アンダーウエート」に引き下げた。

原題:European Stocks Drop on France, Italy as Political Risks Sharpen(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE