サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、同社初の起債に向けて4銀行を起用した。世界最大規模となり得る新規株式公開(IPO)に先だって起債に踏み切ると、事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  情報が非公開であることを理由に匿名で発言した関係者によれば、サウジアラムコのリヤル建てイスラム債発行業務を引き受けるのは、英HSBCホールディングスのサウジ部門やリヤド・キャピタルなど。起債は6月末までに実施されるという。

  残り2社はNCBキャピタルとアリンマ・インベストメントで、ドル建て債の発行も検討しているという。関係者によれば、イスラム債発行は年内に最大100億ドル(約1兆1250億円)の資金を調達する計画の一環。

  サウジアラムコとHSBCサウジアラビアはコメントを控えた。リヤド・キャピタルとNCB、アリンマもブルームバーグからコメントを求める問い合わせに応じなかった。

  サウジアラムコは2018年のIPOを準備している。その規模は1000億ドルと、これまでの最大だったアリババ・グループ・ホールディングが14年に行った250億ドルを大きく上回るとみられている。

原題:Saudi Aramco Said to Hire Banks for First Bond Sale Ahead of IPO(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE