ヘッジファンなど運用会社がドルの強気ポジションを昨年11月以来の低水準に減らした。ドナルド・トランプ氏の米大統領選勝利後にドルを支えてきた、いわゆるトランプトレードを巻き戻している。この取引の息の根を止めたのは、ドルが強過ぎると発言したトランプ大統領と政権当局者らだ。同政権は中国や日本、ドイツなど米国の主要貿易相手国が自国通貨を押し下げていると批判した。

  米商品先物取引委員会(CFTC)が3日公表したデータによれば、1月31日終了週のドルの買い越しは23万1658枚と昨年11月15日以来の低水準だった。

  ドルは週ベースで6週連続下落し、大統領選以降の上昇分の半分余りを失った。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は先週1.2%下落。

原題:Hedge Funds Are Ditching the Dollar as the Trump Trade Capsizes(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE