2年連続の赤字を計上したドイツ銀行は週末の主要ドイツ紙に全面広告を掲載し、「深刻な誤り」について謝罪した。

  ジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)が2015年に就任して以後、巨額の損失に加え、何年も前にさかのぼる法的問題がドイツ銀の「評判と信頼」に打撃を与えたと広告は指摘。行員「数人による不正行為」を批判した。

  この全面広告に経営陣を代表して署名した同CEOは、05-07年の米住宅ローン関連事業に関連し「われわれの基準に従わなかった行為」は「極めて遺憾」であり「受け入れられるものではない」とコメントした上で、あらゆる手段を講じこうした問題の再発を防ぐと誓った。

クライアンCEOが署名した新聞広告
クライアンCEOが署名した新聞広告
クライアンCEOが署名した新聞広告

原題:Deutsche Bank Purchases Ads to Apologize for ‘Serious Errors’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE