ロイズ・バンキング・グループは金融危機以来初めて、賞与総額でロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)を上回る見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。金融危機で共に救済を受けた2行の明暗が分かれつつあることが示された。

  これら関係者によれば、ロイズの従業員賞与引当金は約3億9000万ポンド(約550億円)と、RBSが検討している約3億4000万ポンドを上回っている。ただ、両行の賞与プランはまだ最終決定ではないという。詳細が未公表であることを理由に関係者らが匿名で明らかにした。

  住宅金融英最大手であるロイズのアントニオ・ホルタオソリオ最高経営責任者(CEO)は黒字転換を達成した後、株主配当を行っており、政府持ち分を5%未満に減らすのを助けた。一方、RBSは「負の遺産」である不正容疑の問題から抜け出せず、少なくとも向こう5年間は政府出資下での停滞が続きそうだ。

原題:Lloyds Bonuses Said to Beat RBS’s for First Time Since Bailouts(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE