少なくとも4つの異なる基準でユーロは適正価値(フェアバリュー)を大きく下回っており、同通貨についてナバロ米国家通商会議(NTC)委員長が「甚だしく過小評価されている」と発言したと伝えられたことに納得がいくかもしれない。経済協力開発機構(OECD)の購買力平価に基づくと、ユーロはG10通貨の中でフェアバリューに対する価値が最も低く、これら基準によれば9ー25%割安であることが示唆される。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE