プーチン大統領のロシアと同じく米国も「無実」ではないとのトランプ米大統領の発言は共和、民主両党議員の反発を呼んだ。

  5日放映のFOXニュースとのインタビューで、トランプ大統領はプーチン大統領を尊敬していると発言。司会者ビル・オライリー氏がプーチン大統領は「殺人者」だと指摘すると、「われわれにも多くの殺人者がいる。あなたは米国がそれほど無実だと考えるのか」と語った。

  ベン・サッス上院議員(共和、ネブラスカ州)は同日のABCの番組「ジス・ウィーク」で、プーチン大統領と「歴史上、最も自由を愛する国である米国との間に道徳上の等価性は存在しない」と述べた。共和党大統領候補選びでトランプ氏と争ったマルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州)も米国とロシアの間に道徳的等価性はないと指摘した。

  民主党のエーミー・クロブシャー上院議員(ミネソタ州)はABCの「ジス・ウィーク」で、トランプ大統領が「このような発言をしたのに非常に憤慨している」と語った。

  一方、ペンス副大統領はこの日午前のCBS「フェース・ザ・ネーション」でトランプ大統領を擁護。トランプ大統領は米国とロシアを同列視したのではなく、過去の米政策を批判しただけだと述べた。

原題:Trump’s Equating of U.S., Putin Derided on Both Sides of Aisle(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE