三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)など邦銀3メガグループの第3四半期(10-12月)純利益合計は前年同期比0.3%増の6284億円となった。マイナス金利政策の下で国内を中心に融資関連収益は伸び悩んだが、国債や保有株式の売買など市場関連収益が下支えした。

  純利益合計はブルームバーグが集計したアナリスト予想の合計5493億円を上回った。個別ではMUFGは国債売買益などが好調で17%増の2964億円だった。みずほフィナンシャルグループは運用子会社設立に伴う特別利益もあり8.3%増の1465億円だった一方、前年同期にあったの税金関連利益がなくなった三井住友フィナンシャルグループは22%減の1855億円となった。

  第3四半期の連結粗利益は合計で0.1%減の2兆1842億円。資金利益は利ざや低下を受け3.1%減の1兆608億円となった。投信販売手数料など役務取引等利益は1.4%減少した。金利変動局面で国債等債券売買益などのその他業務利益は70%増の2737億円、政策保有株の売却などに伴う株式等関係利益は合計で37%増の1535億円となった。

  海通国際証券集団のアナリスト、マイケル・マクダッド氏(東京在勤)は、1年前の低金利に比べると「今は金利上昇の兆しが出てきた」と述べ、銀行の収益向上が見通せる「明るい環境」になったとみている。日本の長期金利は昨年11月の米大統領選後からプラス圏に浮上し上昇傾向にある。

  3メガバンクの株価は6日の取引で堅調に推移。午前終値はMUFGが前営業日比33.6円(4.6%)高の763.6円、三井住友Fが102円(2.3%)高の4515円、みずほFGが3.3円(1.6%)高の211.2円だった。

  純利益の通期目標・予想はMUFGが8500億円(前年同期比11%減)、三井住友は7000億円(8.2%増)、みずほFGが6000億円(11%減)をそれぞれ据え置いた。会社予想に対する4ー12月(9カ月)までの各社の進捗率はそれぞれ93%、78%、84%となった。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE