3日の米国株は上昇。米政府による金融規制緩和に向けた動きで、銀行株が大きく上げた。朝方発表された1月の米雇用統計によると、雇用者の増加幅はここ4カ月で最も大きかった。

  トランプ米大統領はドッド・フランク法(金融規制改革法)の見直し、および退職者に助言するファイナンシャルアドバイザーに顧客の最善の利益のために行動するよう義務付ける受託者責任ルールの施行停止を命じる大統領令に署名した。

  S&P500種株価指数は前日比16.57ポイント(0.7%)上昇して2297.42。過去最高値まで約1ポイントに迫った。ダウ工業株30種平均は186.55ドル(0.9%)高の20071.46ドル。

  S&P500種セクター別11指数は10指数が上昇した。金融株指数は2%高。この日値下がりしたのは一般消費財サービス銘柄。特にヘインズブランズは16%の急落、チポトレも4.5%下げた。

  カナダのハドソンズ・ベイは米百貨店メーシーズ買収の可能性について初期の協議を行っている。事情に詳しい関係者が明らかにした。これを手掛かりに百貨店や衣料品銘柄が買い進まれた。

  1月の非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比22万7000人増加。前月は15万7000人の増加だった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は18万人の増加。家計調査に基づく失業率は4.8%に上昇した。平均時給は前年同月比で2.5%増と、昨年8月以来で最も小幅な伸びにとどまった。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は8.1%低下した。

  この日はハーシーなどS&P500種採用企業うのうち6社が決算を発表した。S&P500種採用企業のうち四半期決算を既に発表したのは半分以上。ブルームバーグのデータによると、このうち4分の3で利益が市場予想を上回り、約半数で売上高が市場予想を上回った。

原題:U.S. Stocks Climb on Payrolls Surge as Trump Targets Dodd-Frank(抜粋)
U.S. Stocks Jump on Bank Rise; Dollar Slips on Jobs: Market Wrap

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE