ホワイトハウスは3日、ロッキード・マーチンの最新鋭ステルス戦闘機「F35」90機を最大82億ドル(約9256億円)で調達すると発表した。トランプ米大統領はF35計画はコストがかさみ「制御不能」だと批判しており、コストの削減を主張していた。

  国防総省の発表資料によると、前回の契約と比べて今回は7億2800万ドルのコストが引き下げられた。これはトランプ大統領が当初述べていた6億ドルの削減を上回る規模となった。

  ホワイトハウスのスパイサー報道官は報道陣に対し「これはトランプ大統領が米国民にもたらした新たな勝利だ」と述べた。

  

原題:Lockheed Wins $8.2 Billion F-35 Contract After Trump Intervenes(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE