カナダのハドソンズ・ベイは、業績不振に悩む米百貨店メーシーズ買収の可能性について初期の協議を行っている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  協議が非公開であることを理由に匿名で発言した関係者によれば、協議は予備的なもので、完全買収が唯一の選択肢ではない可能性がある。

  買収が実現すれば、メーシーズに不動産資産を活用し利益を拡大させるよう強く求めてきた物言う投資家スターボード・バリューをなだめることになるかもしれない。サックス・フィフス・アベニューやロード・アンド・テイラーなどを傘下に持つハドソンズ・ベイにとっては、また1つ有名百貨店を取り込む機会となる。

  ハドソンズ・ベイのジェリー・ストーチ最高経営責任者(CEO)とメーシーズ関係者は、ブルームバーグに対してコメントを避けた。

原題:Hudson’s Bay Said to Hold Early Takeover Talks With Macy’s(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE