3日の欧州株式相場は1週間ぶりの高値を付けた。1月の米雇用者数の増加幅がここ4カ月で最大だったことを手掛かりに、幅広い業種で値上がりした。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.6%高の364.07で終了。経済指標で今年のユーロ圏経済が力強いスタートを切ったことが示されたことも支援材料。中国経済指標が予想を下回る内容だったことから金属相場が下げ、鉱業株が唯一、値下がりした。ユーロ・ストックス50指数は0.6%上昇し、主要な下値支持線となっている50日平均移動からさらに離れた。

  IHSマークイットが発表した1月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)改定値は54.4と、1月24日公表の速報値である54.3から上方修正され、2011年以来の高水準に達した。受注増が雇用創出を後押しした。

原題:European Stocks Advance to One-Week High After U.S. Jobs Report(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE