ドイツのショイブレ財務相は、同国が貿易上の不公正な優位性を得るため、過小評価された通貨を利用しているとの米新政権の批判を一蹴し、ユーロの為替レートを設定しているのは政府ではないことをトランプ大統領の側近は明らかに理解していないと切って捨てた。

  ショイブレ財務相は3日、ドイツ西部のザールブリュッケンで「米国では新大統領の賢明な顧問らが、なぜドイツ経済にある程度の競争力があり、うまく行っているのかという問題に関心を持っている」と発言。ただ「欧州の金融政策に責任を負っているのはドイツ政府でなく、別の誰かであることを顧問らは完全には理解しておらず、少なくとも全員は理解していない」と続けた。

原題:Schaeuble Scorns U.S. Criticism Germany to Blame for Weak Euro(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE