3日午前の米金融市場では、米国債が上昇し、ドルは上げ幅を縮小。1月の米雇用統計では雇用者が増加したものの、賃金の伸びが減速し、金融当局に金利を低水準で維持する余地を与える形となった。

  米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は上げを消した。

原題:Treasuries Rise, Dollar Pares Gain as Wages Slip: Market Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE