国内市況の指標はここをクリックしてご覧下さい。過去の国内市況の記事はこちらです。

●日本株は小反発、円高一服と決算評価-非鉄や金融高く内需一角は安い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は小幅反発。為替の円高一服や良好な企業決算が相次ぎ、株価を押し上げた。決算評価で非鉄株が買われ、国内金利の高止まりから銀行など金融株も高い。半面、米国の重要指標の発表を前に上値を買う動きは乏しく、情報・通信や陸運、小売など内需関連の一角は安い。

  TOPIXの終値は前日比4.58ポイント(0.3%)高の1514.99、日経平均株価は3円62銭(0.02%)高の1万8918円20銭。

  水戸証券投資顧問部の酒井一ファンドマネジャーは「足元の金利上昇を止める意思があるのかと市場が考えていたところで日本銀行がオペを指示したため、ひとまず金利上昇懸念は後退した」と指摘。ただ、トランプ米大統領との交渉を控えて「何らかの要求が出てくる可能性も完全には否定できない。きょうに限っては良いが、リスクはまだ少し残る」とも話していた。

  東証33業種では非鉄や銀行、医薬品、パルプ・紙、食料品、電機など19業種が上昇。空運、ゴム製品、陸運、卸売、情報・通信、鉄鋼など14業種は下落。東証1部売買代金上位ではゲームアプリ「ファイアーエムブレム ヒーローズ」がダウンロード数で首位となった任天堂が高い。業績失望のKDDIや神戸製鋼所は安い。東証1部売買高は概算21億1697万株、売買代金は同2兆6288億円。値上がり銘柄数は996、値下がりは854。

●長期金利が1年ぶり高水準から低下、日銀指し値オペで-超長期も戻す

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は上昇。日本銀行が長期を対象とした指し値オペを通知したことで、長期金利は1年ぶり高水準から低下に転じた。日銀の金利上昇抑制姿勢を受けて、超長期債利回りも昨年2月以来の水準まで売られていたのが横ばい圏まで戻した。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の345回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値と横ばいの0.105%で開始。午前10時10分の日銀オペ通知後には水準を切り上げ、一時0.15%と昨年1月29日以来の高水準を記録した。午後0時30分の日銀指し値オペ実施後は水準を切り下げ、0.09%まで低下した。

  パインブリッジ・インベストメンツ債券運用部の松川忠部長は、指し値オペの「応札はかなり大きい額だった」と指摘。「相当の覚悟でイールドカーブ・コントロールの枠組みを堅持するというメッセージ。維持されていると考えるなら、10年金利の0.1%は当面の上限だろう」と話した。一方、超長期については、「週明けのオペで増額があるかどうか。10年は守るけど超長期は守ってくれないのではという疑念が残る」と述べた。

  日銀が実施した指し値オペの結果によると、落札額は7239億円となった。新発10年物国債345回債で買い入れる際の利回りは0.110%としていた。

  超長期債利回りは各年限とも昨年2月以来の水準まで上昇した後に買いが入った。新発20年物の159回債利回りは4.5bp高い0.73%から、0.685%まで低下した。新発30年物の53回債利回りは4bp高い0.905%から0.865%に戻した。新発40年物の9回債利回りは5bp高い1.06%まで上昇後、1.01%を付けている。

  長期国債先物市場で中心限月3月物は前日比4銭高の149円72銭で開始。一時は40銭安まで下落したが、午後に入ると指し値オペを好感して19銭高の149円87銭まで上昇。結局は8銭高の149円76銭で引けた。

●ドル・円反発、日銀指し値オペ受け113円台前半-円金利と共に乱高下

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場ではドル・円相場が反発。日本銀行が指し値オペで長期金利の上昇を抑制する姿勢を示したため、円売りが強まった。この日は日銀の金融調節をめぐり、朝方から国債利回りと共に為替も上下に振れる展開となった。

  午後3時3分現在のドル・円は前日比0.3%高の1ドル=113円08銭。円金利の上昇を背景に午前に112円51銭まで円高が進んでいたが、午後0時半に指し値オペが通知されると一時113円23銭まで円安に振れた。円は主要16通貨に対して全面安となっている。

  大和証券投資戦略部の石月幸雄シニア為替ストラテジストは、「伝家の宝刀の指し値オペを案外簡単に抜いた印象。もっとも、日米金利差拡大で円安・ドル高というシナリオは、日銀の政策で日本の長期金利はほぼ固定化されるということが前提。米国金利と一緒に上がったら意味がない」と指摘。「円安誘導の批判を恐れて何もできないと、これまでの政策が為替目当てだったことを白状するようなもの。為替と関係なく淡々とやる姿勢が重要」と話した。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE