ライアン米下院議長とマケイン上院軍事委員長は、トランプ大統領の型破りな外交の尻ぬぐいという、奇妙な役割を引き受けている。

  共和党重鎮のライアン議長とマケイン上院議員は、オーストラリアやロシアに対するトランプ大統領の最近の政策の火消しを図った。共和党の一部で広がるトランプ氏の外交政策に対する不安を反映している。

  トランプ大統領の就任後2週間、マケイン氏は特に積極的に発言し、同大統領に対する強い非難とリップサービスを交互に繰り返してきた。 ただ、ライアン議長も負けてはおらず、トランプ氏を強く称賛する一方で時に軽くたしなめてバランスを取ってきた。

  トランプ氏がオーストラリアのターンブル首相との電話会談を一方的に切り上げたと報道された後、マケイン氏は2日、ホッキ-豪駐米大使に電話し、両国の「同盟関係に対する揺るぎない支持」を伝えた。

  ライアン議長はより慎重だったが、トランプ氏のオーストラリアをめぐる夜中のツイートを暗に批判した。同議長は2日に記者団に対し、米国と長期にわたり同盟関係にある豪州が「新大統領やわが国との関係を懸念」する必要はないと語った。

  ホワイトハウスは2日遅く、オーストラリアに接触し、事態の収拾に着手した。ホワイトハウス当局者によると、プリーバス大統領首席補佐官とバノン上級顧問は豪駐米大使と会談した。

原題:Ryan, McCain Play Diplomatic Cleanup as Trump Lobs Attacks (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE