マティス米国防長官は3日にソウルで、米国が北朝鮮の核攻撃からアジアの同盟国を守る方針を再確認した。同長官は就任後初めての外国訪問で韓国の後、日本を訪れる。

  同長官はトランプ政権が日本、韓国両国との防衛関係の強化にコミットしていると発言。また、韓国内への地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備の方針をあらためて示し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の「威圧的な発言や周囲をかく乱させる行動」を非難した。

原題:Mattis Reassures Allies of Protection Against North Korean Nukes(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE