債券相場は上昇。日本銀行が長期を対象とした指し値オペを通知したことで、長期金利は1年ぶり高水準から低下に転じた。日銀の金利上昇抑制姿勢を受けて、超長期債利回りも昨年2月以来の水準まで売られていたのが横ばい圏まで戻した。

  3日の現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の345回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値と横ばいの0.105%で開始。午前10時10分の日銀オペ通知後には水準を切り上げ、一時0.15%と昨年1月29日以来の高水準を記録した。午後0時30分の日銀指し値オペ実施後は水準を切り下げ、0.09%まで低下した。

  パインブリッジ・インベストメンツ債券運用部の松川忠部長は、指し値オペの「応札はかなり大きい額だった」と指摘。「相当の覚悟でイールドカーブ・コントロールの枠組みを堅持するというメッセージ。維持されていると考えるなら、10年金利の0.1%は当面の上限だろう」と話した。一方、超長期については、「週明けのオペで増額があるかどうか。10年は守るけど超長期は守ってくれないのではという疑念が残る」と述べた。

指し値オペ

日本銀行本店
日本銀行本店
Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  日銀が実施した指し値オペの結果によると、落札額は7239億円となった。新発10年物国債345回債で買い入れる際の利回りは0.110%としていた。

  岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジストは、日銀指し値オペについて「個人的には落札額は意外と少ない印象だ。前日に10年債入札があったのでもっと集まると思っていた」と指摘。「指し値が0.15%だったら話にならないが、0.11%だったのでその分、量が減った可能性はある。やった以上は金利上昇を止めないといけない。来週は超長期ゾーンの買い入れ増額の可能性もある」と話した。

  超長期債利回りは各年限とも昨年2月以来の水準まで上昇した後に買いが入った。新発20年物の159回債利回りは4.5bp高い0.73%から、0.685%まで低下した。新発30年物の53回債利回りは4bp高い0.905%から0.865%に戻した。新発40年物の9回債利回りは5bp高い1.06%まで上昇後、1.01%を付けている。

  野村証券の中島武信クオンツ・アナリストは、日銀指し値オペを受けて、「長期でも超長期でも売りというのはできなくなる」と指摘した。「驚くべきことは現在の水準よりも低い金利で買い入れること。前回の中期オペはけん制球だったが、今回は日銀がお金を払って金利を止めるという形にした。1月の決定会合直後にいきなり0.2%を目指す展開になると速過ぎるということでスピード調整したと思われる」と話した。

  長期国債先物市場で中心限月3月物は前日比4銭高の149円72銭で開始。一時は40銭安まで下落したが、午後に入ると指し値オペを好感して19銭高の149円87銭まで上昇。結局は8銭高の149円76銭で引けた。

  JPモルガン・アセット・マネジメントの塚谷厳治債券運用部長は、「日銀の金融緩和策は行き詰まっていて、もうお手上げの状況だった。そこにトランプ米大統領の円安誘導批判が飛び出し、日銀の緩和姿勢が揺らいでさらなる金利上昇を容認していくのではないか、と市場は気にし始めていた」と指摘。「来週も引き続き、市場が日銀の緩和姿勢を試していく展開になる。日銀の態度が曖昧だと売られやすいだろう」と述べた。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE