米国の長年の同盟国は数十年ぶりにホワイトハウスの本心がどこにあるのか疑問を持ち始めている。

  トランプ米大統領と側近らは今週、米国と緊密な友好関係を持つ一部の国に食ってかかった。オーストラリアとの難民再定住化プログラムの合意を「愚か」と非難し、為替相場を操作していると日本やドイツを責め立てた。メキシコとの関係は悪化し、トランプ大統領が米軍を派遣する可能性があるとペニャニエト大統領に告げたとする報道をメキシコ政府が否定する事態となった。

執務室から電話をかけるトランプ大統領
執務室から電話をかけるトランプ大統領
Photographer: Pete Marovich/Pool via Bloomberg

  ワシントンで2日開かれた宗教関係者や政界リーダーによる年次会合で演説したトランプ大統領は、「私が行った厳しい電話会談について耳にしても心配はいらない。世界は困難な状況にあるが、われわれはそれを取り除いていくつもりだ。私が行うのはそれだ」と述べた。

  世界中の当局者にとっての難題は、トランプ氏の無遠慮なやり方が単に相手側を不安にさせておく戦術にすぎないのか、第二次大戦以降、米国外交の指針となったルールブックを引き裂くための手始めなのか見極めることだ。当面同盟国は最悪に備える以外、選択の余地はない。

  安全保障同盟への米国のコミットメントを保証しようと、マティス国防長官がアジアを歴訪中にもかかわらず、トランプ大統領はオーストラリアや日本をたたいた。メルボルンにあるラ・トローブ大学のニック・ビスリー教授(国際関係学)は、「オーストラリアや日本、韓国など継続性を頼りにしてきた国々にとっては、米国がはるかに利己的で気まぐれになった現状について考え始めねばならない。この地域の国々は腰を落ち着けて、古い取り決めの永続はあり得ないと言わざるを得ないだろう」と語った。

原題:Trump Twitter Bursts Throw Decades-Old Alliances Into Chaos (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE