米ニューヨーク・タイムズ紙の有料電子版購読者は昨年第4四半期(10ー12月)に急増し、新たな収入源として重視される電子版購読料収入を押し上げた。ドナルド・トランプ氏が勝利した米大統領選挙への注目が購読増につながった。

  2日発表資料によると、第4四半期にニューヨーク・タイムズの有料電子版を申し込んだ購読者は27万6000人と、同紙が有料電子版を開始して以来で最多だった。有料電子版のみを購読している読者は185万人。

  同紙の第4四半期1株当たり利益は一部項目を除くベースで30セントと、ブルームバーグがまとめた予想平均値(24セント)を上回った。売上高は前年同期比1.1%減の4億3970万ドル(約494億円)と、市場予想の4億3800万ドルを上回った。

  第4四半期の紙面広告収入は20.4%減少しが、デジタル広告収入は10.9%増加した。広告収入全体のうちデジタル広告は41.9%と、前年同期の34.1%から拡大した。

  ニュースとクロスワードを含む有料電子版のみの購読料収入は前年同期から21.9%増加し6370万ドルに達した。ニュースのみの電子版購読料収入は同21.2%増加し6110万ドルだった。

原題:Trump Feeds Record Digital Growth at NY Times; Earnings Beat (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE