先週の米週間新規失業保険申請件数は前週から減少した。米労働省の発表によると1月28日終了週の申請件数は前週比1万4000件減の24万6000件。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は25万件だった。

  申請件数の歴史的な低水準からは、企業が現有人材の保持に努めていることが見て取れる。熟練労働者の確保が困難になっているのが背景にある。

  キング牧師生誕記念日の祝日(1月16日)を含む先週分は26万件と、速報値の25万9000件から修正された。

  より変動の少ない4週移動平均は24万8000件。前週は24万5750件だった。失業保険の継続受給者数は21日までの1週間に3万9000人減少して206万人だった。

原題:Filings for U.S. Jobless Benefits Fell to 246,000 Last Week(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE