英国のメイ政権は2日、欧州連合(EU)離脱手続きに関する白書を公表し、EUとの金融サービスについて「可能な限り自由」な取引を維持する方針を示した。

  英政府は白書で「金融サービス業界は欧州経済の重要な一部で、欧州での事業の資金調達と成長に大きな役割を果たしている」とし、「市場の分断とサービスが断絶ないし撤退する可能性を回避するために継続することが、英国とEUの利益にかなう」と指摘した。

  メイ首相の計画に圧力をかけたい英議員にとって、この白書はその材料になる。最大野党の労働党はEU離脱を原則的に支持しているものの、単一市場へのアクセスを最大限確保することに注力すると表明。与党・保守党の多数の議員もEUと多くの関係維持に取り組む意向を示している。

  閣僚らはメイ首相が先月17日に行ったEU離脱に関する演説に必要な全ての情報が盛り込まれていたと主張したものの、最高裁判所は首相がEU離脱手続きを開始するためには議会の承認を得る必要があると判断。より詳細な情報の公開を求め、政府は白書公表を余儀なくされた。

原題:U.K. Seeks ‘Freest Possible’ Banking Trade Deal After Brexit(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE