トランプ米大統領はオーストラリアとの間で検討されていた難民の再定住化プログラムについて夜遅くのツイッターへの投稿で批判し、合意の可能性を遠のかせた。

  トランプ大統領はツイッターで「信じられるか?オバマ政権は数千人の不法移民をオーストラリアから受け入れることに同意した。なぜだろうか。私はこの愚かな合意を検証する」とコメントした。当初オーストラリアに亡命申請した1000人余りを米国に移す計画だった。

  トランプ大統領がこの合意に関してオーストラリアのターンブル首相を侮辱したとの米紙ワシントン・ポストの報道を受けて、ターンブル首相が最大の同盟国である米国との関係を擁護していた。同紙によると、トランプ氏は1時間の予定だった1月28日の電話首脳会談を25分で突然一方的に切り上げた。会話の内容について説明を受けた当局者の話を基に報じていた。

  同紙によると、トランプ大統領は再定住化の計画について「今まで聞いた中で最悪の合意だ」と断じた。さらに、同日に他の4人の首脳と会談したが豪首相との「この電話がこれまでの最悪だ」と発言したという。

原題:Trump Blasts ‘Dumb Deal’ With Ally Australia After Testy Call(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE