アマゾン・ドット・コムはシンシナティ・ノーザン・ケンタッキー国際空港に新たな航空貨物の物流拠点を建設する。全米に在庫を輸送する貨物機をサポートし、オンライン注文の迅速な配送を目指す。

  空港の広報担当者によると、アマゾンは同施設の建設に14億9000万ドル(約1680億円)を投じる。同社は在庫の保管や梱包、出荷を行う倉庫をケンタッキー州に11カ所持っている。新航空物流拠点はアマゾンの在庫を全米に運送する貨物機16機をサポートする。同社は昨年、航空会社2社から最高40機のリースを受ける契約を結んだ。

  アマゾンは新物流施設の開設時に2000人を雇用する。ジェフ・べゾス最高経営責任者(CEO)は今月、米国で向こう1年半に10万人を採用すると表明していた。

原題:Amazon Plans $1.5 Billion Air Hub Near Cincinnati for Fleet (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE