国内市況の指標はここをクリックしてご覧下さい。過去の国内市況の記事はこちらです。

●日本株は反落、FOMC後の円高や米政策警戒-内外需とも広く安い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は反落。米連邦公開市場委員会(FOMC)後に為替市場で円高が進んだことで業績先行きへの期待が後退し、電機など輸出関連や化学など素材、海運株などに売りが増加した。業績改善が相対的に見劣りするとの見方から情報・通信や陸運株など内需関連も下げた。

  TOPIXの終値は前日比17.36ポイント(1.1%)安の1510.41、日経平均株価は同233円50銭(1.2%)安の1万8914円58銭。

  大和住銀投信投資顧問・経済調査部の門司総一郎部長は「FOMCの結果は失望だった。利上げに慎重だったことが円高・株安につながった」と述べた。今の株式市場は「トランプ米大統領の政策状況がネガティブ材料で、経済と業績はサポート材料。株価はレンジ内での取引になっている」と付け加えた。

  東証33業種では海運や倉庫・運輸、その他金融、電気・ガス、建設、不動産、鉄鋼など31業種が下落。医薬品と卸売の2業種は上昇。医薬品は武田薬品工業と中外製薬の決算評価銘柄、卸売は業績予想を上方修正した三菱商事が上げをけん引した。売買代金上位では営業利益予想を増額修正しながらも市場予想に届かなかった三菱電機、買収を発表した米企業の株価が急落したTDKが安い。業績計画を上方修正した東ソーは高い。東証1部売買高は概算21億2818万株、売買代金は同2兆5703億円。値上がり銘柄数は296、値下がりは1635。

●長期金利が約1年ぶり高水準、10年入札低調で-日銀の姿勢に不透明感

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は下落。長期金利は0.115%と約1年ぶりの高水準まで達した。日本銀行の国債買い入れ運営に不透明感が根強い中、この日実施の10年利付国債入札で最低落札価格が予想を下回る結果となったことを受けて売りが優勢となった。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の345回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値と横ばいの0.09%で寄り付き、午前は同水準で推移した。入札結果を受けて、一時は2.5ベーシスポイント(bp)高の0.115%と、昨年1月29日以来の水準まで上昇した。

  超長期債も安い。20年物の159回債利回りは一時0.695%、30年物53回債利回りは0.86%と、ともに新発債としては昨年2月以来の水準まで売られた。

  三菱UFJモルガン・スタンレー証券の稲留克俊シニア債券ストラテジストは、「10年債は日銀のグリップが効いているという見方が多い」とし、「その10年で入札がそこまで強くなかったということだったので、ほかの年限に対しても心理的に重しになる」と指摘。「日銀は後手に回っている感じがあり、マーケットとも息が合っていない」と話した。

  長期国債先物市場で中心限月3月物は前日比5銭高の149円82銭で取引を開始。149円85銭まで上昇した後は、伸び悩む展開となり、149円56銭まで下落。結局は9銭安の149円68銭で引けた。

  財務省がこの日実施した10年利付国債の価格競争入札の結果は、最低落札価格が100円07銭と、市場予想100円09銭を下回った。小さければ好調を示すテール(最低と平均落札価格の差)は5銭と前回の3銭から拡大。一方、投資家需要の強弱を反映する応札倍率は3.62倍と、前回3.59倍から上昇した。

●ドル・円下落、日米の為替・通商政策に不透明感-株安・金利差縮小も

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は下落。米国の早期追加利上げ観測が後退していることに加え、10日に予定されている日米首脳会談をめぐる両国の為替・通商政策に対する不透明感が、ドル売り圧力となった。国内株価が反落し、日本の長期金利が約1年ぶりに0.1 %を突破して日米金利差が縮小したことも重しとなっている。

  午後3時25分現在のドル・円は前日比0.5%安の1ドル=112円67銭。朝方に付けた113円36銭を日中の高値に水準を下げ、一時は112円48銭までドル安・円高が進行した。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%安で推移している。

  FXプライムbyGMOの柳沢浩チーフアナリストは、ドル・円について、「来週の日米首脳会談で日本の立場について、安倍晋三首相がトランプ米大統領を説得できるのかどうかに対する漠然とした不安がある」と説明。また「米連邦公開市場委員会(FOMC)で3月利上げのヒントはなく、現段階では年3回より年2回の利上げの可能性の方が高まった感じ。その分、ドルの上値が重くなったようにもみえる」と語った。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE