米英当局は9兆ドル(約1020兆円)規模のSSA(国際機関債や準ソブリン債、政府系機関債など)市場を操作した疑いの調査を本格化させており、元トレーダーらの聞き取りを進めようとしている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  米司法省と英金融行動監視機構(FCA)はこの数週間、別個にSSAの取引をめぐり聞き取りを進めようとしてきた。この情報が部外秘であることを理由に、関係者4人が匿名で明らかにした。このうち2人によれば、これら当局者が面会しようとしているのは調査対象者の可能性がある。

ロンドンの証券会社のデスク
ロンドンの証券会社のデスク
Photographer: Matthew Lloyd/Bloomberg

  米英当局のほか、欧州連合(EU)も加わった同調査は1年前に浮上した。調査の中心はバンク・オブ・アメリカ(BofA)とドイツ銀行、クレディ・アグリコル、野村ホールディングス、クレディ・スイス・グループのロンドンのトレーディングデスクに携わっていたトレーダーらが買い手や売り手に示す価格を調整した疑い。

  事情に詳しい関係者によれば、名前が挙がっているのはBofAとドイツ銀に以前勤めていたヒレン・グドカ、元クレディ・アグリコルのアマンディープ・シン・マンク、元クレディ・スイスのシャイレン・パウ、野村で停職処分とされたブハルディープ・シン・ヒールの各氏。英国の記録によると、全員が各行でのトレーディングを取りやめた。雇用関係が続いているかどうかは不明だった。不正行為で訴追された者はいない。

  司法省とFCAの報道官は共にコメントを控えた。マンク、パウ、グドカの各氏の弁護士はコメントを避けたか、取材要請に返答していない。ヒール氏は野村の広報を通じてコメントできないとした。

  クレディ・アグリコル、クレディ・スイス、野村、ドイツ銀、BofAの広報担当者はいずれもコメントを控えている。

原題:Agency Bond Traders Said to Face Questions in Rigging Probe(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE