1日のニューヨーク外国為替市場ではドルが小幅上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明は次回利上げ時期をめぐる市場の観測に変化を与えず、発表の前後でドルの水準は大きく変わらなかった。

  経済統計を受けて成長加速への楽観が高まったのを背景に、ドルは朝方の取引で上昇。FOMCの金利据え置き発表を受けて、一時は上げを消す場面もあった。

  ニューヨーク時間午後5時過ぎのドルは対円で前日比0.4%高い1ドル=113円25銭。ユーロは対ドルで0.3%下げて1ユーロ=1.0769ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数はほぼ変わらずの1234.63。

  給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが発表した給与名簿に基づく集計調査によると、1月の米民間部門の雇用者数は24万6000人増加。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は16万8000人増だった。米供給管理協会(ISM)が発表した1月の製造業総合景況指数は56と、前月の54.5から上昇し、2014年11月以来の高水準となった。

  FOMCは政策金利を0.5-0.75%のレンジで維持する一方、ドナルド・トランプ氏の大統領選勝利以降、個人および企業の信頼感が強まっていることを認めた。新政権をめぐり不透明感が強まっており、金融当局は追加利上げの時期に関してほとんど示唆しなかった。12月の会合では2017年に利上げが3回実施されるとの見通しを示したが、トランプ大統領や議会共和党が打ち出す減税や歳出、規制緩和の規模をめぐり、FOMCメンバー内で見方が分かれている。

  ジャナス・キャピタルのビル・グロース氏はFOMC声明の発表後にブルームバーグTVとのインタビューで、米国経済はそのシステムを前進させるために財政刺激策と弱いドルを必要としていると述べた。グロース氏は「ドルは懸念事項であり、世界と米国の成長にとって脅威だ」と指摘し、メキシコ・ペソは著しく過小評価されていると述べた。

  
原題:Dollar, Stocks Little Changed on Mixed Fed Signal: Markets Wrap(抜粋)
Gross: A Strong Dollar Is a Threat to Global, U.S. Growth

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE