トランプ米大統領は大統領選勝利後に650万ドル(約7億3700万円)集め、昨年末時点の政治資金が1610万ドルとなった。米連邦選挙委員会の文書で明らかになった。大統領選後に集めた額としては過去最高。

  新政権関係者の大半が資金集めよりも政策運営に軸足を移した後もトランプ大統領は選挙選用のウェブサイトや対象を絞ったテキストメッセージで積極的に献金を募っている。昨年最後の33日間、同氏のチームはスローガンを書き込んだクリスマス用の飾りや12月の当選感謝ツアーと1月の就任式を記念する商品で資金を稼いだ。

  資金集めのおかげでトランプ大統領は、潤沢な資金をバックに任期を開始することができた。資金は2020年の次回大統領選に備えて温存する、共和党全国委員会に移管する、18年の中間選挙で好ましい候補に資金援助する、自らの政策推進に寄与しそうな非営利団体に寄付する、などの使い道が考えられる。

  選挙後の献金の大半は「米国を再び偉大に」のスローガン入りのトランプグッズを政治集会やオンラインで販売し少額ずつ集めた。感謝祭翌日のブラックフライデーにはオンラインショップで人気商品の特別セールも実施した。

  米連邦選挙委員会の文書によると、選挙戦ではトランプ氏の宿泊費、ゴルフ代、食費に29万ドル以上が使われた。このうち最大の支出はトランプタワーの「賃貸料」で13万888ドル。トランプ氏は自己資金6110万ドルを選挙戦に投じた。

原題:Trump Raised Record $6.5 Million in Weeks After Winning Election(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE