ブルームバーグ・サンセット指数によれば、安心して定年退職できないのは上の地図の10カ国だ。世界の人口高齢化が予想を上回るスピードで進む中、高齢者が増える一方で、支える勤労世代の数は減っていく。条件が最も悪いのはフランスで高齢者1人を支える勤労者は約2人。地図にない米国は4.4人だ。

(2月2日配信のチャート記事で、米社会保障局の報告書「世界の社会保障プログラム」とシンガポール人材開発省が定めた定年において、年金受け取りが可能となる年齢が異なるためシンガポールを除外します)

原題:France Is Most at Risk From Aging Society: Chart (Correct) (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE