フランス最大の銀行BNPパリバは保有する米ファースト・ハワイアン株の売却で8億ドル(約910億円)の調達を目指している。資本強化策の一環。

  BNPの1日の発表によると、同行はホノルルを本拠とする銀行ファースト・ハワイアンの株式2500万株を1株当たり32ドルで売却する。これはファースト・ハワイアンの発行済み株式の17.9%に相当。引き受け金融機関は375万株を追加購入できる。追加購入オプションの有効期間は30日。

  BNPの見積もりによれば、ファースト・ハワイアン株売却により普通株式等Tier1比率は10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)程度上昇する。ファースト・ハワイアンは昨年株式を公開、今回の売却後のBNPの保有比率は少なくとも62%で、90日のロックアップ期間が設けられる。

原題:BNP Seeking $800 Million From Sale of First Hawaiian Shares(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE